高岡市・氷見市・砺波市で 肩こり・腰痛・膝痛・痛風でお悩みの方も、富山県射水市(高岡市隣接) ひのき整形外科へ

ブログ

2015年9月30日

待合室の本「富山あるある」

待合室に「富山あるある」入善あい著、TOブックス を置きました。

富山のあるあるネタが250本、記載されています。

中にはちょっとアヤシイ情報も…

待ち時間にお楽しみください。

2015年9月30日

女性(70歳以上)の腰痛には、MRIがオススメです

早く受診する事が最大のポイント!!

 

70歳以上の女性がとくに転んだりしていないのに腰が痛くなった場合、腰の骨(腰椎)が骨折している事が非常に多いです。(腰椎圧迫骨折 ようついあっぱくこっせつ

骨粗鬆症があるために、ちょっとした事(重いものを持った、かるく尻餅をついた等)で腰椎が骨折してしまうのです。(骨脆弱性骨折 こつぜいじゃくせいこっせつ

レントゲンでも診断できる事がありますが、初期の圧迫骨折はMRIによる診断が有用です。MRIでしか診断できない事もあります。

当院では兎に角はやく診断をつけて、骨折していればコルセットによる固定をしています。コルセットオーダーメイドでその人その人にあったものを作ります。

圧迫骨折は放置すると、腰椎がつぶれて、神経を圧迫して入院や手術を要する事があります早く固定すれば、腰椎の変形も少なく済む。早めの診断、早めの治療がカギになります。迷わず早めに整形外科クリニックの受診をおすすめします。

あわせて骨粗鬆症の治療も始めると、その後の骨脆弱性骨折の再発を予防する事ができます。

 

2015年9月29日

MRIと超音波を合わせて診療する

MRIは、体の奥が広範囲に捉えられるという利点があります。腰椎、頸椎、膝、肩関節の検査を得意とします。欠点としては比較的時間がかかること、やや診療費が高くなることです。

超音波は体の表層の診断に強いという利点があります。皮膚から3cm以内なら、超音波の方がMRIよりも診断的価値が高いかもしれません。肩の腱板、神経の描出などを得意とします。また、診断に時間がかからない(すぐ使える)、比較的安価である、被曝しない、という利点もあります。

当院では、からだに無害であるという超音波の利点を生かす為に、初診の方はなるべく超音波を用いて診療するようにしています。また、リアルタイムに体内が見られるという特徴を生かして、「超音波ガイド下注射」を頻用しています。400回/月は施行しています。見ながら注射できるので、非常に安全です。

MRI超音波は、各々強い領域が異なります。MRI超音波を組み合わせて診療することで、診断精度がグッと上がると考えています。

 

2015年9月28日

超音波ガイド下仙骨硬膜外ブロック

仙骨硬膜外ブロックとは、腰椎椎間板ヘルニアやギックリ腰などによる腰と脚の痛みをとる注射です。

指でさぐって針を刺す従来の方法では、うまい医者でも成功率は75% にすぎないといわれています。(ブロック注射が成功すると、痛みもとれやすくなります。)

当院で超音波でからだと針を見ながら(超音波ガイド下)仙骨硬膜外ブロックを施行した56例を対象にして、超音波ガイド下仙骨硬膜外ブロックの成功率を検討しました。

(当院の方法)患者さんをうつ伏せにしてお尻のやや上に超音波プローブをあてて仙骨硬膜外腔を見ます。皮膚を消毒して、針を刺して薬液を注入します。薬液注入の際に仙骨硬膜外腔に薬液が広がったものを成功としました。

(当院の結果)ブロック注射の成功率は98.2%でした。従来法の75%と比べて、大幅に改善されました。

超音波ガイド下仙骨硬膜外ブロックは、2004年のチェン(台湾)らによる報告が最初です。日本では神島(獨協医大麻酔科)らの報告が最初です。

当院では比較的はやくから(むしろ先がけて)超音波ガイド下仙骨硬膜外ブロックをとりいれました。(東京と大阪で日曜日に5回、勉強してきました。)超音波ガイド下仙骨硬膜外ブロックは成功率が非常に高く、腰と下肢の痛みをとる為に良い方法であると考えています。

[この内容は第25回日本整形外科超音波学会(名古屋)で発表しました。]

2015年9月26日

待合室の本「よりぬきサザエさん」全13巻

待合室に、「よりぬきサザエさん(長谷川町子著)」 を置きました。

読み切りの4コマ漫画で、クリニックの待合室に置くには丁度良いと思いました。

待ち時間にお楽しみください。



ひのき整形外科 診療案内【整形外科】

ひのき整形外科 診療案内

※初めて・お久しぶりに来院される方は、診療時間終了の30分前までに来院してください。

■診療時間
[午前] 8:30~12:30
[午後] 2:30~6:00
■休診日
水曜午後・土曜午後
日曜・祝日

    Drひのきのおすすめ

  • 超音波ガイド下注射超音波を利用した注射を取り入れております。詳しくみる
  • MRI検査靭帯・神経などを撮影することができます。詳しくみる

病気のお話 気になる症状はなんですか?

  • ひのきおブログ
  • 当医院に寄せられるよくあるご質問
  • ひのき整形外科採用情報