高岡市・氷見市・砺波市で 肩こり・腰痛・膝痛・リウマチ・痛風でお悩みの方も、富山県射水市(高岡市隣接) ひのき整形外科へ

医院のご紹介

院長ごあいさつ

「痛みの少ない注射」を心がけています。

ひのき整形外科 院長 檜木 茂
ひのき整形外科 院長 檜木 茂

開院以来、約8年が経過しました。 皆様のご理解、ご協力に感謝いたします。 当院では、超音波診断装置 (エコー) を用いた診療に力を入れています。具体的には、超音波ガイド下注射を行っています。 これは、超音波でからだの中と注射針を見ながら注射するというものです。下記のようなメリットがあります。
  • (1)見ながら注射するから危険が少ない
  • (2)注射がいたくない (膝では注射の痛みが4割減)
  • (3)薬が少なめですむ
すでに英語の教科書は数冊でていますが、日本語の教科書はまだありません。安全確実と考えられる「超音波ガイド下注射」を、本邦で先駆けて行っているつもりです。 以下の部位に行っています。
  • イ) 膝関節 (変形性膝関節症など ヒアルロン酸を注射します)
  • ロ) 肩関節 (五十肩 ヒアルロン酸を注射します)
  • ハ) 股関節 (変形性股関節症)
  • 二) 手の腱鞘炎、バネ指 (H26.9月の学会で報告しました)
  • ホ) 肩鎖関節
  • へ) 仙骨硬膜外 (椎間板ヘルニア、脊柱間狭窄症など)
  • ト) 神経ブロック (腕神経叢など)
  • チ) 手足の小さい関節 (痛風など)  他
注射がイヤな方も、比較的安心して治療を受けられると思います。ぜひ来院されて、私にご質問ください。

プロフィール

院長
檜木 茂
経歴
新湊西部中学校
高岡高校理数科
金沢大学医学部 (H7卒)
勤務した病院
H7  金沢大学整形外科学教室 入局
H8  富山県立高志学園 (小児整形外科)
H9  富山県立中央病院
H10 福井総合病院
H12 金沢医科大学病院 (助手)
H13 金沢大学付属病院
H16 済生会富山病院 勤務
H18 ひのき整形外科 開院
専  門
整形外科
得意分野
超音波ガイド下注射、小児整形外科
趣  味
中日ドラゴンズ
所属
日本整形外科学会認定専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医 整形外科専門医

院内のご紹介

MRI装置
MRI装置レントゲンでは分かりにくい靭帯・神経などを撮影することで、より正確に評価することができます。 MRI検査は、レントゲンやCTのように放射線を使わないので一切被爆しません。電波と強力な磁力を使って、痛みを感じることなく色々な角度から撮影することができる非常に有用な検査法です。
超音波骨折治療器
超音波骨折治療器超音波を照射することで骨折の治癒を促します。「骨は刺激に反応して成長、修復する」という法則に基づいた治療法です。治療は1日1回20分を原則とします。全く痛くありません。最近使えるようになった比較的新しい技術です。 著名なサッカー選手がW杯直前に使ったという噂もあります。
骨密度測定器
骨密度測定器骨粗しょう症が進行すると、骨全体がもろくなり骨折しやすくなります。 簡単な検査で骨密度を測定することにより骨粗しょう症かどうかが分かります。また、必要があれば薬物治療を行います。
スーパーライザー
スーパーライザー スーパーライザーは、神経または患部に近赤外線を高出力でスポット状に照射することにより痛みを緩和します。 身体への負担を少なく、かつ効果的に治療をすることができます。 ◆適応症◆ 変形性脊椎症 変形性膝関節症 肩関節周囲炎 肘関節症 腰部脊柱管狭窄症 等
ウォーターベッド
ウォーターベッド 脊椎を中心に筋肉、腱、靭帯などのコリを水流の刺激によってほぐします。マッサージ効果、リラックス効果等により全身に爽快感を与えることができます。従来のローラーベッドでは骨に当たるため、痛くて治療できなかった肩に対しても治療可能となりました。 ◆適応症◆ 肩こり 腰痛 五十肩 腰下肢痛 坐骨神経痛 等
ホットパック
ホットパック 温熱刺激により血管を拡張して血流を改善され、組織への栄養分、白血球、酸素などの補給が促進されます。 ◆適応症◆ 打撲・捻挫・骨折等の外傷後の栄養不良や血行不良 疼痛の治療 関節痛 神経麻痺 等
干渉低周波治療器
干渉低周波治療器 今までの低周波治療器に比べて周波数が高いので、組織に充分な刺激が与えられます。皮膚の不快感もありません。 ◆適応症◆ 骨粗しょう症 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 肩関節周囲炎 変形性膝関節症 等]
けん引装置(腰椎)
けん引装置(腰椎)腰の神経の圧迫を緩和する目的に使用します。 ◆適応症◆ 変形性脊椎症 腰椎々間板ヘルニア 腰椎々間板症 坐骨神経痛 等
けん引装置(頚椎)
けん引装置(頚椎) 頚の神経の圧迫を緩和する目的に使用します。 ◆適応症◆ 頚椎々間板ヘルニア 変形性脊椎症 頚椎捻挫 頚椎々間板症 頚方腕症候群 等


ひのき整形外科 診療案内【整形外科】

ひのき整形外科 診療案内

※初めて・お久しぶりに来院される方は、診療時間終了の30分前までに来院してください。

■診療時間
[午前] 8:30~12:30
[午後] 2:30~6:00
■休診日
水曜午後・土曜午後
日曜・祝日

    Drひのきのおすすめ

  • 超音波ガイド下注射当医院では、安全でより効果が高い注射の打ち方を取り入れております。詳しくみる
  • 超音波診断装置より正確な診断・超音波ガイド下注射ができるよう、最新型の超音波診断装置を導入いたしました。
  • MRI検査靭帯・神経などを撮影することで、より正確に評価することができます。詳しくみる

病気のお話 気になる症状はなんですか?

  • ひのきおブログ
  • 当医院に寄せられるよくあるご質問
  • ひのき整形外科採用情報