高岡市・氷見市・砺波市で 肩こり・腰痛・膝痛・リウマチ・痛風でお悩みの方も、富山県射水市(高岡市隣接) ひのき整形外科へ

ブログ

2017年6月22日

腰部脊柱管狭窄症とは? New

脊柱管(せきちゅうかん)は、背骨(せぼね)のなかの、筒状のトンネルです。この脊柱管の中に、神経が通っています。
腰の脊柱管(腰部脊柱管)を通る神経は、お尻から脚につながっています。なんらかの原因で腰部脊柱管が狭くなり、トンネル内の神経が圧迫されると、お尻から脚にかけて、痛みやしびれなどの症状が生じます。
これが、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)です。

2017年6月16日

待合室の本「Takt 7月号」

当院では、月刊「Takt」(シー・エー・ピー)を購読して、待合室に置いています。

2017年7月号の内容

週末ドライブ 夏の女子旅 2017

名古屋への旅 琵琶湖への旅 金沢ひがし茶屋街めぐり 他

今だけ! 夏限定MENU&夏グルメ

女性の視点を大切にした家づくりVol.2

Takt clinic 過敏性腸症候群

2017年3月25日

「ゼロからマスター脊椎超音波ガイド下ブロック」執筆しました。

「ゼロからマスター 脊椎超音波ガイド下ブロック」の一部を執筆させて頂きました。

( III章 ゼロからの仙骨ブロック p63-81 )

メジカルビュー社より発売中です。整形外科の先生にもオススメです。

2017年1月20日

なぜ、超音波を見ながら注射するの?

① からだの中と針を見ながらうてるので、比較的安全である。

② 細い針を使えるので注射時の痛みが比較的少ない。

③ ピンポイントで薬液を届けられるので、薬液が少なめで済む。副作用もでにくい。

④ 医師が安心して注射できる。

⑤ 注射が成功したかどうかが直後にわかる。(実はこの事が非常に大切です。)

2017年1月8日

子供の腕を引っぱった後に、腕を動かさない…

6歳くらいまでの子供が、特に転んでいないのに片腕を動かさない場合、肘内障(ちゅうないしょう)であることがあります。

腕をダランと下げて、手のひらを体側に向けていることが特徴です。

当院では、まず病歴(患者さんのお話)を重視します。本当に転んでいないのかを確認するのです。

この際に、クマやウサギのシールをお渡しして、コミュニケーションを取ることもあります。(非常に重要です。)

次に、エコーで肘関節の水腫の有無などを確認します。

肘内障と診断したら、整復します。

うまく整復できれば、20分後くらいから腕を動かすようになります。

ポイントは、子供さんを泣かさないことです。お子さんを安心させるように、ご協力をお願いします。

泣く子と地頭には勝てません。

1 2 3 4 5 18


ひのき整形外科 診療案内【整形外科】

ひのき整形外科 診療案内

※初めて・お久しぶりに来院される方は、診療時間終了の30分前までに来院してください。

■診療時間
[午前] 8:30~12:30
[午後] 2:30~6:00
■休診日
水曜午後・土曜午後
日曜・祝日

    Drひのきのおすすめ

  • 超音波ガイド下注射当医院では、安全でより効果が高い注射の打ち方を取り入れております。詳しくみる
  • 超音波診断装置より正確な診断・超音波ガイド下注射ができるよう、最新型の超音波診断装置を導入いたしました。
  • MRI検査靭帯・神経などを撮影することで、より正確に評価することができます。詳しくみる

病気のお話 気になる症状はなんですか?

  • ひのきおブログ
  • 当医院に寄せられるよくあるご質問
  • ひのき整形外科採用情報