高岡市・氷見市・砺波市で 肩こり・腰痛・膝痛・痛風でお悩みの方も、富山県射水市(高岡市隣接) ひのき整形外科へ

ブログ

超音波ガイド下注射が威力を発揮する疾患(関節編) 

2015年10月8日

肩関節(五十肩など) 肩関節は皮膚から近く、肩峰下滑液包や上腕肩甲関節をエコーで容易に確認できます。最も効力を発揮する場所でしょう。

膝関節(変形性膝関節症、痛風、膝内障など) 超音波ガイド下注射では、90%以上の確率で正確に膝関節腔内に注射する事ができます。平成26年春に400回の膝関節腔内注射の統計をとり、検討しました。(第26回日本整形外科超音波学会で発表しました。)その結果、膝関節をある角度に曲げると、もっとも正確に注射できる事を把握し、実行しています。

肘関節(変形性肘関節症、関節内骨折など)

足関節(変形性足関節症、痛風など) 足関節水腫は、触診では分かりにくく、まず水腫の有無の確認に超音波が威力を発揮します。水腫確認後、超音波ガイド下に水腫を穿刺して薬液を注入できます。

足のMTP関節(痛風) 痛風発作で足のおやゆびの付け根が痛くなった方は多いでしょう。超音波ガイド下注射は、MTP関節のような小さい関節の注射に最も効果的です。当院の統計では、100%注射が成功します。薬液はケナコルトAを使っています。(第200回北陸整形外科集談会で発表しました。)

手のMP関節、PIP関節(変形性関節症) 手の小関節の痛みに悩む方は結構おられます。このような小関節に超音波ガイド下注射は効果的です。

股関節(変形性股関節症など) 非常に効果的です。股関節をエコーでみるには、コンベックスプローブが必要です。当院ではプローブを3本使い分けており、股関節注射も多数回施行しています。

腰椎椎間関節 頻用しています。water phantomで自己研究しています。

 

» ブログ一覧に戻る



ひのき整形外科 診療案内【整形外科】

ひのき整形外科 診療案内

※診療は、初診も含め予約制となっております。インターネットにより受診予約をお取りください。
緊急を要する場合は、当院までお電話ください。
TEL:0766-84-8800

■診療時間
[午前] 8:30~12:30
初診の受付時間 12:00まで

[午後] 2:30~6:00
初診の受付時間 5:30まで
■休診日
水曜午後・土曜午後
日曜・祝日
■受診予約サービス
初診を含め来院を希望される方を対象に、インターネットによる受診予約サービスを行っております。
  • ひのき整形外科初診受付サービス

  • 超音波ガイド下注射超音波を利用した注射を取り入れております。詳しくみる
  • MRI検査靭帯・神経などを撮影することで、より正確に評価することができます。
    新しいMRI装置に入れ替えました。
    詳しくみる

病気のお話 気になる症状はなんですか?

  • ひのきおブログ
  • 当医院に寄せられるよくあるご質問
  • ひのき整形外科採用情報