高岡市・氷見市・砺波市で 肩こり・腰痛・膝痛・リウマチ・痛風でお悩みの方も、富山県射水市(高岡市隣接) ひのき整形外科へ

ヒアルロン酸・肩ヒアルロン酸

どのような症状でお悩みですか?

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、目、皮膚など、体のさまざまなところに含まれ、中でも関節に多く含まれています。膝関節は関節包で包まれていて、関節包の中は「関節液」で満たされています。この関節液の中にヒアルロン酸が豊富に含まれています。

ヒアルロン酸は粘り気のあるもので、潤滑油のような役割を果たします。歩いても膝の軟骨が簡単に壊れないのは、ヒアルロン酸を含む関節液が関節の動きをスムーズにしているからです。

関節液のヒアルロン酸は、年齢とともに少なくなり、70歳代では10歳代に比べて半分近くに下がるといわれています。ヒアルロン酸の濃度が下がると関節液はサラサラになり、潤滑油としての働きが失われて軟骨同士がこすれ合い、すり減って痛みが生じます。

ヒアルロン酸を膝に注射して、関節液のヒアルロン酸濃度を高めることで軟骨を保護し、痛みを軽くすることができます。早ければ1~2日で効果が現れる人もいます。

普通は週に1回、5回続けて膝にヒアルロン酸を注射します。最近は細い針で注射するのであまり痛くありません。副作用の少ない、体にやさしい治療法だと考えています。

注射後は針を刺した場所を触ってはいけません。バイ菌がはいると骨まで感染が広がることがあります。注射した日は入浴やシャワーを避けてください。

肩ヒアルロン酸

肩ヒアルロン酸

肩にヒアルロン酸の注射をします。
この注射は…
肩関節周囲炎」といって、肩関節の働きが悪くなる状態があります。この肩に通常週に1回、5回ほど続けて注射します。

ヒアルロン酸とは?

関節内での骨の働きを滑らかにしたり、腱の働きをスムーズにさせる機能をしている関節液の主成分です。 このヒアルロン酸には次のような効果があります。

  • 関節の働きを改善する。
  • 肩の痛みを軽減する。
  • 炎症を和らげる。
注射を受けた日の注意点
  • 注射した場所をもんだり、不潔な手で触ったりしないようにします。
  • 注射当日は、お風呂やシャワーをひかえてください。
  • 痛みがとれても急激に運動して、負担をかけるのはさけてください。
  • 肩が痛み始めたら、安静にして様子をみましょう。それでもおさまらないときは、主治医に相談してください。


ひのき整形外科 診療案内【整形外科】

ひのき整形外科 診療案内

※初めて・お久しぶりに来院される方は、診療時間終了の30分前までに来院してください。

■診療時間
[午前] 8:30~12:30
[午後] 2:30~6:00
■休診日
水曜午後・土曜午後
日曜・祝日

    Drひのきのおすすめ

  • 超音波ガイド下注射当医院では、安全でより効果が高い注射の打ち方を取り入れております。詳しくみる
  • 超音波診断装置より正確な診断・超音波ガイド下注射ができるよう、最新型の超音波診断装置を導入いたしました。
  • MRI検査靭帯・神経などを撮影することで、より正確に評価することができます。詳しくみる

病気のお話 気になる症状はなんですか?

  • ひのきおブログ
  • 当医院に寄せられるよくあるご質問
  • ひのき整形外科採用情報