高岡市・氷見市・砺波市で 肩こり・腰痛・膝痛・リウマチ・痛風でお悩みの方も、富山県射水市(高岡市隣接) ひのき整形外科へ

ブログ

腰部脊柱管狭窄症の治療方法 

2017年7月22日

保存療法(手術をしない方法)と手術療法があります。

保存療法。
薬物療法。
消炎鎮痛剤(痛み止め)。
循環障害改善薬(プロスタグランジンE1)。圧迫された神経の血の流れを改善させます。
神経障害性疼痛治療薬(プレガバリン)。
理学療法。温熱療法、電気刺激療法、等。
神経ブロック。
硬膜外ブロック。当院では、超音波ガイド下仙骨硬膜外ブロックを行っています。
神経根ブロック。

手術療法。
背骨の一部を削って、脊柱管を広げることで、神経の圧迫を軽くします。
背骨が不安定な場合には、金属で固定することもあります。

» ブログ一覧に戻る



ひのき整形外科 診療案内【整形外科】

ひのき整形外科 診療案内

※初めて・お久しぶりに来院される方は、診療時間終了の30分前までに来院してください。

■診療時間
[午前] 8:30~12:30
[午後] 2:30~6:00
■休診日
水曜午後・土曜午後
日曜・祝日

    Drひのきのおすすめ

  • 超音波ガイド下注射当医院では、安全でより効果が高い注射の打ち方を取り入れております。詳しくみる
  • 超音波診断装置より正確な診断・超音波ガイド下注射ができるよう、最新型の超音波診断装置を導入いたしました。
  • MRI検査靭帯・神経などを撮影することで、より正確に評価することができます。詳しくみる

病気のお話 気になる症状はなんですか?

  • ひのきおブログ
  • 当医院に寄せられるよくあるご質問
  • ひのき整形外科採用情報